生命保険の相談では、いろいろな形で見直しを行なっていくことになります

生命保険の見直し相談

生命保険の相談では、いろいろな形で見直しを行なっていくことになります。たとえば、保険金額の増額や減額というように、契約内容を変更していくこともできますし、契約を維持したまま支払いをストップして払済保険や延長保険に切り替えるといった方法も考えられます。払済というのは、毎月の支払いが困難になったときなどに利用できるものになります。特約などはすべてなくなりますし、受け取れる額も減ってしまいますが、毎月の負担はなくなります。

一方の延長保険というのは、加入中の契約内容のままで、毎月の費用の支払いを止めることができます。そのかわり、その時点で解約したときに受け取ることができる払戻金が、保険金にまわされることになるのです。

期間が短くなることもありますが、終了時には生存給付金が支払われることもあります。払済と同様に、特約などのオプションはすべてなくなってしまうといったデメリットもありますが、毎月の支払いが困難だという人は検討してみることになります。

ほかにも、生命保険の相談では、契約転換制度などを利用することも考えられるでしょう。これは、同じ会社のプランに乗り換えるもので、それまでのものは解約することになりますが、それまでの積み立て分を活かすことができるという特徴があります。その場合は、下取りをしてもらうことになるので、保険年齢や予定利率などとともに再計算されることになります。実際に契約を変更するときには、健康診断などが必要になることもあるのです。

そして、会社によっては、契約転換制度を利用すると保険金が安くなるといった宣伝をしていることがありますが、その点については注意も必要になります。それは、前出のとおり、それまでの積立金を下取りしてもらうことになるので、その分が最初に差し引かれるだけといったケースもあるからです。必ず事前に中身を確認しておくようにしましょう。仕組みがわかれば、損か得かも判断しやすくなるというわけなのです。




link/ 00/ 01/ 02/