生命保険の相談をすることで、毎月の支払いが減って、負担が軽減されることもあれば、

保険料負担額を相談する

生命保険の相談をすることで、毎月の支払いが減って、負担が軽減されることもあれば、必要なものを加えることによって増額をするといったケースも考えられます。増額というのは、契約内容をそのままにして金額だけ増やすものと、新たにに特約を加えることで支払い額が増えるものとがあります。いずれの場合も、毎月の支払額は増えますが、その分、必要なときに受け取ることができる額が増えたり、その対象となるケースが増えるといったことになるのです。

契約数自体は変わらないので、複数の加入をして中身を把握しきれなくなるといった心配もありません。

なぜ、このような負担を増やすようなケースが想定されるかと言うと、子供が生まれてライフプランを変更することになったといったケースや、それまでの保障額では不足が生じるかもしれないといったケースなどが考えられるからです。ほかにも、配偶者ができたので、自分の加入しているもので妻の事故や病気などにも備えたいといったケースも考えられるでしょう。

このような場合には、それまでの契約内容にプラスすることで、幅広い保障が受けられるようにしておく必要があるというわけです。

もちろん、増額となるので負担は増えます。ですから、第3者の専門家に見てもらうことができる生命保険の相談先が頼りになるというわけです。どこまで自分にとって必要なのかといった見極めがむずかしいと、どうしても余計に支払ってしまう部分が出てくることも考えられるというわけです。

一方で、まずは負担の軽減をしたいと考えている人は、保険金額を下げることを目的として生命保険の相談を利用することになるでしょう。




link/ 00/ 01/ 02/