生命保険の相談では、必要保障額というのが重要なポイントになることがあります

生命保険相談と必要保障額

生命保険の相談では、必要保障額というのが重要なポイントになることがあります。これは、被保険者が死んだ場合に、残された家族が困らないためにあるものだと理解していいでしょう。生活費や養育費のほか、住宅関連費用といったことも支出項目として計算されることになります。収入源が残っているといった場合でも、それを差し引いた不足分が支払われることになるのです。もちろん、家族構成などによっても額が大きく変わってくることになります。

基本としては、現在における生活費というものをベースとして考えます。たいていはその7割程度が必要保障額とされるのです。10割とならないのは、被保険者がいなくなった後の話だからです。そのうえで、子供が独立したあとの配偶者のみのケースでは、5割として計算されることになります。どれだけの期間が必要になるかといったことも考えることになるので、配偶者の年齢なども加味されて総額が決まってくるのです。

また、子供がいる家庭では、生命保険の相談における必要保障額としては、生活費のほかに教育費なども考えなければいけません。さらの細かく考えると、子供を私立の学校に入れるか、公立の学校に入れるかといった違いもありますし、私立ならば小中高大のどの段階で入学させるのかといったことでも教育費が大きく変わってきます。そこまで考えて、希望を伝えておくことになるのです。そうしておかないと、実際にそれが必要になったときに十分な額が残せなくなってしまうというわけです。

それ以外にも、賃貸物件に住んでいる人は、家賃などが生活費に含まれてきます。持ち家をローンで購入したときには、団体信用生命保険が欠かせないと言えるでしょう。これに加入しておけば、ローンが残っていても、その額を借金として遺族が支払わなければいけないといったことを防ぐことができるからです。

マンション経営をしている場合には、その収入見込み額なども計算に入れることになるので、受け取る額に大きく影響してくると言えるでしょう。

つまり、必要保障額というのは、家族の年齢や人数、環境によって変化するものなのです。まだ子供が生まれたばかりの場合と、子供は独立して配偶者と2人で暮らしていた状況では、被保険者の死後に必要になってくる額には違いがあるからです。こういった部分をよく考えることで、自分に合ったプランなのかどうかの見直しをすることも大切なのだということです。余計に支払っている部分があれば、その無駄を削って負担を軽減していくようにしましょう。




link/ 00/ 01/ 02/