生命保険の中でも加入するかどうか選択に悩むのがガン保険。ガンになってしまうと

保険相談とガン保険

生命保険の中でも加入するかどうか選択に悩むのがガン保険。ガンになってしまうと長期の闘病生活を余儀なくされることも多いですし、1度治っても常に再発のリスクを抱えることになります。その際の備えとして保険に加入しておきたいところですが、一方でガンにならなければ保険料は払い損になってしまう面もあります。また医療保険の範囲内で補うことができないかどうかの選択もポイントとなるでしょう。

生命保険相談では、こうしたガン保険に関する相談も行うことができます。この保険のポイントは入院給付金にあるといっても過言ではないでしょう。医療保険の定番といえる保障ですが、医療保険の場合は入院日数に上限が設けられていることが多く、長期の治療が求められるガンでは対応しきれないことが多いのです。

またひとつの契約では給付金の支給は1度の入院に限る場合も多く、再発のリスクを抱えるガンでは十分ではない恐れがあるのです。ガンに対する保障では入院日数は無制限、何度入院しても給付金を受け取れる保障が求められます。しかし当然その分保険料が高くなります。1日の給付金がどれぐらい出るのか、それに対して保険料の支払いがどの程度となるのか。サラリーマンの場合はとくに重要なポイントとなってきます。

また、特約を用意する保険も増えています。ガンと診断されたら何度でも受け取れる一時金、一定期間ガンにならなかった場合に受け取れる祝い金、あるいは高度先進医療を受けることになった場合にその治療費を保証してくれるガン先進医療特約など。ガン保険は多彩なプランと特約が用意されているの点にも大きな特徴があります。

ガン治療にはどの程度のお金がかかって、どこまでも保険でフォローできるのか、あるいはフォローすればよいのか判断が非常に難しいのです。ですから、生命保険相談でファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談して適切なアドバイスを受けることに大きな意味があるのです。

加入するかどうかも含めた判断をするために、まず生命保険相談を利用してみるとよいのではないでしょうか。保険会社の担当員とは異なり、必ず契約しなければならないというわけではないので、手軽に利用してみたいところです。




link/ 00/ 01/ 02/