生命保険に加入する人は「ご遺族の生活のことが心配だから保障を得たい」

保険相談と相続

生命保険に加入する人は「ご遺族の生活のことが心配だから保障を得たい」と考えていますよね。ただ、もしもあなたが亡くなった場合には、保険金だけが遺されるのではなく、預貯金や不動産など様々な形の「財産」も残すことができます。ただし、預貯金などを相続する場合と違って、生命保険金に関しては「相続人1人につき500万円まで控除が受けられる」というメリットがあります。そのため「お金を残す」ならば、預貯金の形より生命保険金という形で残す「相続対策」を考える人が増えているのです。

ファイナンシャルプランナーや税理士に生命保険相談をする際には「何が心配なのか」を明らかにしていくと良いでしょう。

たとえば「遺産の取り分を巡って、家族が険悪になるのを防ぎたい」「不動産が主な遺産となるので、分割して相続させることが難しい」など、何が一番心配なのか相談をしてみるといいですね。相続税申告の個別の相談については税理士や公認会計士の方にお願いする必要がありますが、一般論についてはファイナンシャルプランナーや行政書士の方に相談することもできるかもしれません。

相続で心配になるのは「納税資金が準備できるかどうか」ということも大きいでしょう。マイホームや自動車など「価値は高いけれど、すぐに換金できないもの」「値下がりのリスクがあるもの」を保有していると、相続税を納めることが難しくなるかもしれません。その分、生命保険に加入しておけば「お金」が用意できるというメリットがあります。

生命保険相談をする際には、財産の状況なども大まかに把握しておくほうが、「生命保険でどのくらいのお金を確保しなければならないのか」が明らかになりやすいです。

ただ「生命保険に加入するために、現在の生活が苦しくなる」というのも、良いことではありません。急に資金が必要になった場合、頼りになるのは預貯金です。また、ご自身の病気やケガなどに備えて、医療保険やガン保険に加入し、活用していくことも大切になります。生命保険相談をするなら、預貯金や他の保険とのバランスも相談することになります。時間や労力がかかっても、一度はご自身の資産状況について考えるのが良いでしょう。




link/ 00/ 01/ 02/