生命保険の相談をする際には「貯蓄がどのくらいあるのか」も考えなければなりません

ファイナンシャルプランナー相談

生命保険の相談をする際には「貯蓄がどのくらいあるのか」も考えなければなりません。私たちが生きていくのに必要なお金は「貯蓄だけ」「保険だけ」など、1つの方法で確保しようとするのは得策ではありません。貯蓄と保険のバランスを考える必要があります。

ファイナンシャルプランナーの方に相談すれば、説明が受けられるかもしれませんが、私たちも生命保険と貯蓄との関係について知っておきましょう。

私たちが貯蓄によって1000万円を用意しようと思うと、ある程度の時間がかかります。1000万円を貯める前に、一家の大黒柱である夫が亡くなってしまった場合には、貯蓄もその時点でストップしてしまいます。しかし、生命保険に加入をしておけば、1000万円の保険金を受け取ることができる時期が、早くにやってきます。若いご夫婦で、貯蓄が充分でないというご家庭ほど、保険を活用していく必要があるのです。

お子さんが成長するにつれて、準備しなければならない学費は減っていきますし、貯蓄も増えていけば「生命保険で確保しなければならない保障」というのは、減っていきます。

生命保険の保険料は「自分の自由につかえるお金」ではなくなります。手元にはある程度の貯蓄を確保しておいて、病気やケガなど、急な出費に備えるのが良いと言えます。生命保険や医療保険、そして貯蓄とのバランスについて、相談にのってくれる、信頼できるFPを探し、長くお付き合いできるのが安心ですよね。




link/ 00/ 01/ 02/