保険業界では現在インターネット上で申込み、契約を行うことができるダイレクト型の

保険相談とネット生保

保険業界では現在インターネット上で申込み、契約を行うことができるダイレクト型の保険商品が人気を集めています。通販型、ダイレクト型などと呼ばれており、とくに自動車保険において高い人気を得ていますが、最近では生命保険でもこのタイプで売り出すケースが増えています。

このダイレクト型のネット生保の最大のメリットは、保険料が安くなること。インターネット上だけで運営が行われており、代理店を運営・維持するコストがかからないため、その分を割安な保険料の形でフィードバックしているのです。生命保険の場合はとくに毎月支払う保険料が大きなネックとなりますから、少しでも掛け金を抑えたい人にとっては最適な選択肢となります。

また、ネット上からの申込みなので24時間、365日申し込むことができます。わざわざ時間を作って代理店に訪れる必要もないのです。

ただし、ネット生保を活用する際にはいくつかの注意点があります。最大のものは事前に担当員と相談することができない点。基本的には自分で情報収集し、数ある選択肢のなかから自分で判断することになります。代理店型の生命保険に比べてシンプルな内容が多く、それほど選択に悩むことはないという特徴もあるものの、やはりプロの客観的な視点とアドバイスが欲しいという人も多いでしょう。

ですから、最初から通販型と決めて選ぶのではなく、まず生命保険相談を利用してみることをお勧めします。

保険ショップの生命保険相談なら保険会社の利害から離れて公平かつ客観的な立場でアドバイスをしてくれます。そのうえで代理店型がよいのか、ダイクレト型がよいのかの判断を下すことができるでしょう。とくに30代、40代の健康な人が生命保険に加入しようと考えている場合に役立ちます。ネットだけでは十分な情報が集まらない可能性もあります。やはり最後の判断を下す前には一度専門家のアドバイスを聞いておくことが望ましいのです。近くに保険ショップがあるかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか。




link/ 00/ 01/ 02/