生命保険は万一の際の備えとして非常に役立つものです。少子高齢化が進み

保険相談と保険ショップ

生命保険は万一の際の備えとして非常に役立つものです。少子高齢化が進み、高齢になって病気になるリスクが増え、しかも子供に負担をかけるわけにはいかない状況になっている今、若い段階から生命保険で備えをしておくことが重要な時代となっているのです。その一方、どの生命保険を選んだらよいのか選択が難しい面もあります。ネット生保や外資の進出もあり、多彩な選択肢が用意されるようになっているからです。

選択の際に役立てると便利なのが保険ショップです。ここでは生命保険相談を行ってくれます。以前まで保険商品の相談といえば保険会社の代理店や自宅まで訪れる担当者との話し合いが一般的でした。

しかしその場合、担当員はどうしても契約をとることを重視しており、よい点ばかりを並べるような話の内容になってしまうことが多いという問題点がありました。またひとつの会社が取り扱っている保険商品の中から選ぶことになるため、どうしても視野が狭くなってしまうのも大きな問題点でした。しかし保険ショップは生命保険会社から委託を受けているものの、基本的には独立した存在で経営が行われています。そのためより束縛の少ない環境で生命保険相談を行ってくれるのです。

保険ショップでは、ファイナンシャルプランナーなどお金に関する専門的な資格を持って担当員が相談に応じています。保険会社の担当員や代理店の店員はあくまで保険に関する専門家ですが、こちらはお金全般に関する専門家となります。

ですから単によい保険商品選びを手伝ってくれるだけでなく、保険を含めたライフプラン、経済計画に関しても相談に乗ってくれるのです。毎月の出費に対して保険料がどれぐらいを占めるのか、将来の収入と負担のバランスがどうなるのかといった点まで踏まえながら保険商品を綿密にチェックしていくことができるのです。

これまで保険相談といえば、しつこい勧誘をイメージしていた人もこの選択肢なら不安もなく利用することができるのではないでしょうか。




link/ 00/ 01/ 02/