生命保険の相談をするには、一般的には加入している保険会社と専門の業者という

保険相談の相談窓口

生命保険の相談をするには、一般的には加入している保険会社と専門の業者という2つの窓口が考えられます。そのどちらが良いかというのは、自分がどのような目的で見直しを考えているのかといったことからも考えていかなければいけません。多くの選択肢のなかから自分に合ったものを探したいと考えているならば、専門の業者のほうが頼りになることもありますし、単純に信頼感という意味ではそれまで加入していた会社の担当者のほうが良いという人もいるでしょう。

たとえば、現在加入している保険会社を頼りにする場合には、そのほかの会社のプランというのはまったく候補にあがらないと考えていいでしょう。自社のほかのプランであったり、特約をつけたり削ったり、保険金を増額したり減額したりといった変更内容が基本となると考えられます。もちろん、そういった変更によって自分の希望が反映されるならば、それでも問題はないと言えます。

なにより余計な費用や手間がかからないといったメリットがあるからです。

ただし、保険会社によっては得意な分野と不得意な分野などがあるので、その特徴によっては他社のほうが自分の理想に見合うプランがあるといったことも考えられます。そういった時に、自由がきかないといったデメリットは頭に入れておかなければいけません。とくに死亡以外の入院や治療に関する特約については、各会社ごとに違いが出てくることもあるのです。そのことを考えると、やはり他社のプランも候補に入れておきたいところです。

ですから、生命保険の相談というのは、専門で請け負っている業者に依頼したほうがメリットが多いのです。いろいろな会社のプランを取り扱っているので、何より候補が多いというのが特徴ですし、それらについて詳しく知っているファイナンシャルプランナーやアドバイザーから助言を受けることができるのです。

自分がどういった目的で、どういった内容の契約にしたいのかを伝えることで、それ見合う候補を紹介しくれるので、そのなかで細かな部分を比較していくことになります。

候補を絞る作業というのは、なかなか自分だけではすべての会社のプランを見てまわることはできません。それを任せてしまって、あとは細かい部分を一緒に見ていくことができるというわけです。とくに複数の会社のプランから希望に見合う部分だけを組みあせたものなどを利用できるのは、保険会社単独では不可能だと言えるでしょう。可能ならば、複数の業者から意見を聞いてみるのもいいでしょう。担当者との相性もありますし、提案内容も違ってくるからです。




link/ 00/ 01/ 02/